sus4コードの使い方とは?

なんとなくふわっとした印象を持つsus4コード。

ですがダイアトニックコードではないため、DTMerの方の中にはこのコードを一体どういう時に使えばいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

そこでここではこのsus4コードについて紹介していきたいと思います。

sus4コードとは

sus4コード>
・構成音はR、4度、5度。
・メジャートライアドの3度の音を4度に釣り上げた(suspended)コード。
・浮遊感がある

<主な使い方>

1.トニックの前に置く

2.IImの前に置く(その時にIImではなくIIに解決することもある)

3.Ⅴの前に置く

sus4コードは上のような特徴を持つコードになります。

ここからは使い方について1つずつ解説していきたいと思います。

使い方その1 Iのsus4コード

II Isus4I

sus4の最もよくある使い方はトニックのsus4をトニックの前に置くという使い方です。

こうすることでコード一つ分だけ解決を遅らせることができます。

使い方その2 Ⅱのsus4コード

次にⅡの音のsus4コードを使うということです。

使い方はⅠのsus4コードと大きく変わりません。Ⅱの前に置くことが多いです。

・ⅥmーⅢM7ーⅣーsus4 m

で、この使い方をする際最後のⅡmをノンダイアトニックコードではありますがⅡに解決させるパターンもあります。

・ⅥmーⅢM7ーⅣsus4

いつもとは少し違う雰囲気になるので個人的には結構好きな使い方になります。 

使い方その3 Ⅴのsus4コード

IIm77sus47I

解決を遅らせるという意味ではこのような使い方もよく見られる使い方です。

また、ここからⅤ7を抜いて

IIm77sus4I

とすることでトニック(I)へ解決した時の解決したぜ感を薄めるなんて使い方もします。 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ダイアトニックコードだけでも気持ちの良い進行は作れますが、より複雑な表情をつけたいときはsus4などのそれ以外のコードを使うことが多いです。

是非あなたの楽曲にも取り入れてみてください。

また、sus4コードに限らず音楽理論について詳しくなりたいと考えている方はこちらに色々まとめてあるので是非参考にしてみてください。

音楽理論の記事 – 24歳から始めるDTM

ありがとうございました!