【DTM・ミックス】音圧とは一体何ぞや??

世の中に出回っているいわゆるプロの方々が作った曲と僕のように趣味で曲作りを楽しんでいるDTMerの作った曲の大きな違いの一つに音圧というものがあると思います。

言い換えればこの音圧を制することができれば、プロの作ったような曲が作れるということ。

という訳でこの音圧を上げるテクニックについて紹介していきたいと思います。

「いやお前の作った曲そこまで音圧でてねぇぞ」というツッコミはなしでお願いしたいと思います。よろしくお願いします。

そもそも音圧って何?? 

という訳で音圧を上げるテクニック(主にミックス関連で)について話していきたいと思うのですが、その前に音圧とは一体何ぞやという話からです。

最初に言います。音圧がある状態とはズバリ「全ての帯域で音が出ている状態」ということになります。

どうして全ての帯域で音がでていると音圧が大きく聞こえるのでしょうか。実はそれは音量と大きくかかわっています。

DTMをする人なら分かると思いますが、実は曲を作る際音量というのはどこまでもあげれるものではなく、音が割れてノイズが発生してしまうある一定のラインまでしか音をあげることができません。

そのため全ての帯域で均等な音量が出ているのではなく、一つの帯域で大きな音がでているものは音量を上げた際すぐ音が割れてそれ以上大きな音をだせなくなってしまうのです。

要するに帯域毎に見た時に音量のばらつきが大きいものは、一部の帯域では音量を最大まで上げれるのに他の帯域では全然音量をあげることができていないという状態になってしまい、音圧がなくなってしまうという訳です。

しかし全ての帯域で音が出ている状態のものだとそういった状態はおこらず全ての帯域で十分大きな音を出すことができるというわけです。

この画像のような状態が「音圧がある状態」ということになります。

何となく意味が分かったでしょうか?何言ってるかよく分からない人は上の二つの画像のうち下の画像のような形になれば音圧が稼げると思っていただいて大丈夫です。

もう一つ音圧について

音圧を決めるために重要な要素がもう一つだけあります。それは「音の広がり」です。

音の広がりとはどこで音が鳴っているかというもので、音が鳴る位置に関しても帯域同様に全ての位置で均一に大きな音が鳴っているもの方が音圧が高く聞こえるということが挙げられます。

じゃあ一体どうやってこの音の広がりというものを演出するかというと、それはパン振りやM/S処理といったものを施すことでできるようになります。

パン振りについてはコチラの記事を見てみてください。

guitar-electric.hatenablog.jp

音圧のまとめ

photo by FREEIMAGES

どうでしょうか、音圧についてなんとなく理解することはできたでしょうか?

簡単にまとめると音圧というのは

・全帯域で音が出ている状態

・音の広がりのある状態

 

のことになります。

文字にするととても簡単そうですがまあこれが実際作るとなるとなかなか難しいんですよね。

ちなみにもう一つ音圧を上げるテクニックとしては「ずっと大きな音を出す」というものがありますが、これは言い換えるとダイナミクス(音の強弱)がなくなるということなので、自分の作りたい曲によってはあまり参考にしない方がいい場合もありますので気を付けてください。

音圧についてはそんな感じです。今後は音圧をあげる具体的なテクニックについて紹介していきたいと思います。

ありがとうございました!