よく分からないのでとりあえずミックスした【第8回 シューゲイザーをつくろう】

前回のシューゲイザーをつくろう⑦でようやく曲が曲っぽくなってきましたが、今回はそのあと悩むに悩んでよく分からなくなったのでとりあえずミックスしましたという記事です。

よろしくどうぞ!

とりあえずミックスしました。

ミックス前

youtu.be

ミックス後

youtu.be

いやードラムの音って大事ですね。マジで。すごい曲作る人達がドラムが一番大切って口をそろえて言う意味が何となく分かった気がする。

ミックス前と比べてミックス後はベースを結構いじってるのですが、もう正直何が正解か分からなくて意味わからなくなってる状況です。だからもうちょっと苦しんでいいベースライン考えたいです。

あとは最後のサビですね。最初の方はサビが勢いありすぎて困っちゃうみたいなことを言ってたと思うんですが、今となっては逆にサビにヌルッと入っちゃう感じがすごい気持ち悪いです。

このへんは音量とかをうまい具合にいじったり歪みの量変えたりで何とかしたいと思います。ここはかなり大事な所だからあと少し気合入れないとな。。。

そしてギターソロを入れること!なんですが。。。

。。。はい。やる気が出たらやります。多分。

シューゲイザーなんてやめときゃよかった

photo by FREEIMAGES

前回の記事を書いてから肝心のドラムとベースを考え出したのですが、どういじってみてもなかなか「これだ!」となるようなものが見つからず、かなり辛い日々が続いております。

で、結局「ドラムとベースどっちもただ打ち込んだだけで音ショボすぎるのが悪い」ということでとりあえずミックスしてみることにしました。

ここで僕がミックスと言っているのはベースとギターの気になる所を録り直して、それぞれの音にEQとかコンプとかをかけることにあたります。

「そんなもん最初からしとけばええやん」

と思う方もいるかもしれませんが、そうもいかないんですよ。

というのもミックスの時にエフェクターをかける際、ドラムの場合はそれぞれの楽器にそれぞれのエフェクターのかけ方をしないといけないんですよ。

ですので普段ドラムを打ち込むときはこんな感じの画面ですごい分かりやすいのですが

普段のやつ

ミックスした後だとこんな感じでトラックが分かれてしまうのでめちゃめちゃ見づらいし分かりづらいんですよ。

めちゃめちゃ見づらいやつ

だからドラムの場合はもう変更点がなくこれでほとんど完成している状態になってからミックスをした方が効率がいいんですよ。何言ってるか分からなかったらすみません。

そんなこんなでとりあえずミックスしてみたんですが思ったよりそれっぽく仕上がってて嬉しかったです。ずーっと同じ曲の編集をしてるといいところが見えなくなってきてどんどん悪い所ばかり目に入るようになってくるんですよね。

例えば

・最初から最後まで展開が一辺倒でつまらない

・間奏―Aメロ―間奏―Aメロ―AメローAメロー間奏―サビ の構成がなんかキモい

・ギターがうるさい

・ベースがキモい

みたいな感じです。他にも細かいところをあげたらキリがないですが、ここ数日僕を苦しめているのはこの4つです。

正直な話マジでシューゲイザーをつくろうとかやめとけばよかった。そもそもうるさい音楽最近聞いてないし。もっと静かでそれぞれの楽器の絡みが面白い曲が好き。People in the Boxとか。そんな感じの曲作ればよかった何この曲。結局シューゲイザーでも何でもないじゃねーかちくしょう。

。。。今でもそんな感じの精神状態なのでもうぶっちゃけこの曲はさっさと適当に作って次に行きたいです

が!、僕がツイッターでフォローしている「作曲について語るマモルさん」という人(すごい有名な人)が

って言ってたのでもう少し頑張ろうと思います。

ありがとうございました!