【DTM】センドリターンとは?インサートとの違いやメリットについて

DTMに関する記事を読んでいる時によくみかける言葉である「センドリターン」。

センドリターンリターンがどーのこーのとか言われるとよく分からない人にとっては耳が痛いですよね。

という訳でこの記事ではDTMでよく使われる単語であるセンドリターンについてその意味や使い方、インサートとの違いなどについて説明していきたいと思います。

よろしくお願いします!

インサートとセンドリターンの違い

それでは早速センドリターンを説明しようと思うのですが、センドリターンだけを説明するのではなくインサートについても説明した方が分かりやすくなると思うのでインサートについても説明していきたいと思います。

インサートとはその名の通りトラックにエフェクターを挿入する方法になります。ですので当然ですが何かのエフェクターをインサートした場合出力される音はエフェクターを通った音のみになります。

それに対してセンドリターンとは原音とは別にエフェクターを通した音を作り、それを原音に加えて出力する方法になります。

これがインサートとセンドリターンの違いになります。とても単純ですよね。

センドリターンを使うことで例えば残響音を加えるリバーブのエフェクターの場合、原音の音量を変化させずに残響音の音量のみを変化させることができるといったメリットがあります。

いつセンドリターンを使えばいいの?

photo by FREEIMAGES

次にこのセンドリターンを使ったエフェクターのかけ方を使うタイミングについてです。

よくある考え方としては空間系のエフェクターを使う場合はセンドリターンを使うというものです。

先ほどのリバーブもそうですが空間系のエフェクターの場合、エフェクターをインサートしてしまうと元の原音とエフェクターの音のバランスをとるのが難しくなってしまうということがあります。

ですのでそこをセンドリターンすることによってより簡単にかつ細かい調整をすることができるようになるので、空間系はセンドリターンでかけることが多いです。

ただし例外もあります。例えばディレイで付点八分のフレーズを弾く時などの原音とディレイ音の音量に大きな差がない時はセンドリターンする必要性がないのでそのままインサートしたりします。

まあこの辺は自分で色々と試していってほしいところでもあります。

音楽に正解はありません。しっかりその意味を理解し経験を積んで自分の求める音を出せるようにしましょう。

センドリターンのもう一つのメリット

 

最後のもう一つセンドリターンのメリットについて説明したいと思います。

センドリターンのもう一つのメリットとしては複数のトラックに同じエフェクトを設定できるということになります。

これを使えば1つ1つのトラックにいちいちエフェクトをインサートする必要がありませんし、細かい調節もしやすくなります。

PCの負荷の面でも負荷のかかる空間系のエフェクターをいくつも立ち上げなくて済むのでお得ですね。

知らなかった人は是非使ってみてください!

ちなみにこのセンドリターンについてDAWでの操作方法は、外部のサイトで非常に分かりやすく説明しているものがありますのでそちらを参考にしてみてください。

・Studio Oneの場合

センドリターンで「リバーブ」を共有 Studio One 使い方

・Cubaseの場合

センドリターンで「リバーブ」を共有 Cubase 使い方

・ProToolの場合

センドリターンで「リバーブ」を共有 ProTools の使い方 

まとめ

photo by FREEIMAGES

いかがでしたか?

何となく難しい雰囲気がありますがそんなに難しい話ではなかったと思います。

ただ原理を理解することとそれを正しく使うことができるようになることは大きな差があります。

こればかりは勉強も必要ですがそれ以上に自分で実際に色々試していじってみることが必要になってきます。

是非色々なパターンを試して上手にセンドリターンを使えるようになりましょう。

ありがとうございました。