機材にお金かけるってある程度大事なんだなと思った話

DTMerの皆さんこんにちは。貧乏DTMerのかつらです。

実は私今まで機材にお金を費やす方々についていろんな方面で悪口を行っておりました。

「機材にお金かけるやつはだいたい何もできない説ある」

「新しい機材買うよりミックスとかギターの腕前をあげたほうがよくない?」

「一番大事なのは技術よ。それもないのに機材に走るとかもうホント言語道断すぎマジウケル」

すいませんでした!!

全然そんなことないっすね、機材にお金かけるの大事よ。色々な人に謝りたいです。

というわけでそんな感じの雑記です。

そもそもDTMをするには悪環境すぎた

何かごちゃごちゃ言ってますが、そもそもの僕の環境をお伝えしなければわからないですよね。

もしかしたら元々まともな機材だったのがスーパーウルトラ高い機材にグレードアップしてるかもしれませんしね。金持ちの1万円は貧乏人の100円的な。そんな言葉ないか。

というわけでこれまでの僕のDTM環境はこちらになります。

<DTM環境>

・ギター

→フェンジャパストラト(中古約4万)

・ベース

→バッカスジャズベ(中古約1万)

・エフェクター

→ZOOM G3(ギター用マルチ、約1万五千)

・PC

→ノートPC(Core i7)

・DAW

→Studio One artist

・オーディオインターフェース

ZOOM G3(ギター用マルチ、約1万五千)

・シールド

→島村楽器で一番安かったやつ(5m、約1000)

・・・クソかよ

なんだオーディオインターフェースがギターマルチって。いい音とれないでしょ。で、ベースどうすんだよ。え?ギター用マルチのオーディオインターフェース機能でベースとってた?ばかちん。

…そうなんですよ。実は私今までオーディオインターフェースというものを持ち合わせておらず、ZOOM G3という格安マルチエフェクターのオーディオインターフェース機能を使って録音していたんです。

レビューとかを見る限りギターの録音についてはそこまで悪いものではなく、安いオーディオインターフェースと大差ないらしいんです。

ただまあ、はい、ベースですよね、問題は。ベースの録音。

やっぱりもともとギター用マルチなのでベースの音を撮るときはエフェクターを全くかけなくても何か変な感じになってました。

あとシールド安すぎワロタ。

というわけで色々買いました。

というわけで色々買いました。色々って言っても二つですが。今回購入したのはこんな感じ。

<購入したもの>

・UR22mkII(オーディオインターフェース)

・シールド(3m、約5000円)

待ちに待ったオーディオインターフェースですね。いつか購入せねばと考えること1年間、ようやく手にすることができました。

で、ウキウキで家に帰ってライン録りしてみたのですが、音質的にはあんまりZOOM G3と変わらない気がしました。

まあ所詮素人の僕の耳がポンコツなのかもしれないですし、あとは結局録音する時にZOOM G3をマルチとして通してるので当たり前なのかもしれないです。

ただベースの録音は断然UR22mk IIの方が良いです!ちゃんとベースの音がします!

やっぱりギター用マルチでベースの音をとるのは無理があったんですね、これからDTMを始める人は気を付けてください。

そしてシールド、コイツはめちゃめちゃ効果ありました。前の格安シールドの時はノイズがひどくて耳が痛くて大変だったのですか、それがなくなりました。

これめちゃめちゃうれしかったです。ずっとノイズはギターのせいで仕方ないと思っていたので。

音質どうこうよりこれが一番良かったかもしれません。

そんなこんなで録音についてはやっと人並みちょっと下くらいのクオリティを出せるかなという気がしてきたので、次はミックスの技術を身に付けたいと思います。

ありがとうございました!