サカナクションといえばアルクアラウンドですよね【シャッフル作曲法で曲作り#2】

前回の記事で誰でも簡単に曲がつくれそうな方法としてシャッフル作曲法を紹介しました。

今回はその続きになります。

どうぞ!

名曲を引きました

前回は曲の入りだけしか作ることができてないので今回はその後から作っていこうと思います。

というわけで、名曲がでることを祈ってシャッフルボタンを押します。

レッツシャッフル!!

youtu.be

めっちゃいい曲きたやん。

サカナクションの名曲アルクアラウンドですね。サカナの中で一番すきです。

というわけで曲を作って行きます!ヌルッとボーカルが入ってきてそのあとイントロがくる感じね、はいはい、理解理解、というわけで作ったのがこちら

youtu.be

結構雰囲気違うかもですが真似したつもりです。

とりあえずバスドラムを表拍で鳴らしたものを作った時に、何かの曲でそこからスネア連打して最後ボーカルだけになって一気にイントロに入る流れがあったのがかっこよかったのを思い出してマネさせてもらいました。

で、「アルクアラウンドっぽくしたいからなんかいい感じのシンセの音色ないかなー」と思って色々試してみて、うまくハマったのが動画のsynth1の「パシューン」という音だったので入れた具合です。この音面白いから好きです。

ここまでいったところで「普段あまりやらないけどたまにはコード進行から曲を作るか」と思い立ちました。

僕あんまりコード進行分かんないんですけどね。いつか勉強したいと思ってます。

というわけでグーグル先生に「コード進行 不思議」ででてきたのが「G-B-C-Cm」のコード進行でした。なんかradioheadが使うらしいです。

というわけでG-B-C-Cmに合わせて適当にシンセとかベースとか入れた感じです。

リードを考える

この辺まで考えが固まったところで大事な大事なリードパートを考えることにしました。

アルクアラウンドでもそうですが、やはりイントロにはリード(主旋律?)という主役的なやつが存在することが多いです。

ここがショボいと一瞬でブラウザバックされるんでね、気をつけないと。

で、考え付いたのが動画のClean Guitarの音です。

、、、ただ残念なことになんかダサいんですよね。全然好きじゃなくて、

とりあえずそれを横に置いておいてもう一回アルクアラウンドを聞くと、最初のイントロのとこでシンセが裏拍になってるのが分かりました。

「これ、、、マネすればいいんじゃね??」

というわけで裏拍にアルクアラウンドとはちょっと違ったリード系のシンセをいれてそれっぽく仕上げたのが、動画の中のsynth2(左側で鳴ってるやつ)になります。

で、再生ボタンを押した時に先ほど作ってダメだからとりあえず横に置いといたやつが意図せず鳴ってしまったんですがなんかこれがすごいいい気がしました。

というわけで即採用。「クソだから消去!」みたいな感じでデリートキー押さなくてよかったです。

Aメロの直前までできた!

そんな感じでAメロまで完成させることができました。

曲作りの過程を文字にすると長くなりますね、興味ない人からすれば生ゴミにも勝るクソ文章ですが、いつか誰かの役に立つことを信じて今後も書いていこうと思います。

というわけでまたAメロからシャッフルしていきたいと思いますというところで今回は終わろうと思います。

ありがとうございました!!