【音楽理論】モーダルインターチェンジ、サブドミナントマイナーとは??

コード進行に興味があって自分で色々と調べたりしたことのある方は一度はその名前を見たことがあるであろうモーダルインターチェンジという言葉。

なにやら難しそうな名前で勉強する気が無くなりますよね。その気持ちはとても分かります。

ですが、実際勉強してみるとそこまで難しいものではなく、むしろ簡単に自分の曲のコード進行を面白くしてくれるいいやつです。

ぜひこの記事をよんでモーダルインターチェンジを理解しましょう。

よろしくお願いします!

モーダルインターチェンジとは??

モーダルインターチェンジとは一言で言うと同種調のコードを使うということです。

例えばキーがCメジャーだった場合、同種調のコードというのはCm(マイナー)のダイアトニックコードになります。

ですのでキーCの王道進行F-G-Em-Amについてモーダルインターチェンジを用いるとこのようなコード進行になります。

・一般的な王道進行
FGEmAm

・モーダルインターチェンジを使った王道進行(G→Gm)
FGmEmAm

何となくおしゃれな雰囲気になりましたね?これがモーダルインターチェンジです。

また上の例では一つのコードのみを変化させてますが、複数のコードを変化させたりする場合もあります。

サブドミナントマイナーについて

次にサブドミナントマイナーについてです。

サブドミナントマイナーとはモーダルインターチェンジ一種なのですが、モーダルインターチェンジの中でも使われる頻度が高いためか特別に名前がついています。

サブドミナントマイナーとはその名の通りサブドミナントのⅣのコードをマイナーコードにするという技です。

メジャーキーの場合Ⅳの音はメジャーコードになるので、それをマイナーコードに置き換えるというのはつまりモーダルインターチェンジを使っていることになります。

例えばこんな感じのコード進行です。

CAm7Dm7Fm

このコード進行ではCメジャーキーのⅣの音であるFをFmに変化させてます。

ダイアトニックコードだけでは表現できない複雑な印象を与えていますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このモーダルインターチェンジをうまく使えば普遍的なコード進行でも一気にオシャレ度合いを増すことができます。

曲をつくる際は是非積極的にチャレンジしてみてください。

また、モーダルインターチェンジに限らず音楽理論について詳しくなりたいと考えている方はこちらに色々まとめてあるので是非参考にしてみてください。

http://guitar-electric.hatenablog.jp/musictheory

ありがとうございました!