【DTM】リミッター・マキシマイザーの使い方とは?マスタリングで音圧アップしよう

マスタリングでは欠かすことのできないエフェクターであるリミッターとマキシマイザー。

ですが昔の僕のように「マスタリングなんて対して変わんねーよ」と思っている人はたいして興味が湧かないエフェクターになると思います。

ですがそれは間違いです。はっきり言えます。

こいつらを使うとマジで色々と半端ないことになります。語彙力が終わっているので伝わらないかもしれませんが、この2つのエフェクターは本当に素晴らしいです。

というわけでこの記事ではリミッターとマキシマイザーについてその使い方などを紹介していきたいと思います。

よろしくお願いします!

何のためのエフェクターなの?

photo by FREEIMAGES

まずはこの2つが一体何をするためのエフェクターなのかということについてです。

先に結論から言うとこの2つのエフェクターは音圧をあげるためのエフェクターになります。

音圧についてよく分からない人はコチラの記事を読んでもらいたいのですが、ざっくりまとめると音圧とは全ての帯域で音がでている状態になります。

口で言われてもよく分からないですよね。というわけで実際に僕がマスタリングした2つの音源を聞き比べてみてください。

・マスタリング前

・マスタリング後

全然違いますよね。いや本当に。

「いや音量違うだけじゃん」と思った人もいるとは思いますが、その音量が違うように聞こえるということがとても大切なことなのです。

実は上にあげた2つの音源は両方とも音割れギリギリまで音量をあげてあります。ですが明らかにマスタリング後の音源の方が音が大きいと思います。

不思議ですよね?その仕組みをリミッターとマキシマイザーの機能と共に次に解説していきます。

周波数ごとに音量をあげることができる

ここで少し話が戻りますがリミッターとマキシマイザーについての話です。

リミッターとマキシマイザーは両方ともある上限を決めてその上限に達していない周波数の音を大きくするという役割を持っています。

いまいち言葉では難しいと思うのでイラストを使って説明していきたいと思います。

たいていの場合ミックスダウンが終わった後というのはこのように周波数の小さい(音程の低い)部分に音が集まることが多いです。

ですのでその分周波数の大きい(音程の高い)部分の音は十分な音量を稼ぐことができてなく、結果として音圧が稼ぐことができていない状態になるわけです。

そういう時に登場するのがリミッターやマキシマイザーというエフェクターになります。これらを使うことですでに音量を稼ぐことができている低音の部分以外の音について音量を持ち上げることができます。

全体的に音量を稼ぐことができており、音圧を稼ぐことができている状態になりましたね。これがリミッターとマキシマイザーの使い方になります。

ちなみに今回初めに紹介した音源ではリミッターのみを使用しました。理由は僕が使っているStudio Oneにマキシマイザーがついていないからです。

ちなみにリミッターとマキシマイザーは両方とも名前が違うだけで内容にそこまで大きな違いはありません。

違うところを挙げるとするならばリミッターよりマキシマイザーの方が制御の意味合いが強いため、音圧をあげすぎると色んなところで歪みが発生して変な音になりがちになるみたいです。

まあそれはどのリミッター、マキシマイザーのプラグインを使うかによって変わることなので、あんまり気にしなくていいと思います。

使う時の注意点

最後にリミッター、マキシマイザーについて使用する際の注意点です。

リミッターとマキシマイザーを使う際に注意するべきポイントは上手くいかなかったらミックスに戻るということです。

マスタリングでできることには限界があります。リミッター、マキシマイザーで音圧を稼いだ結果音が歪んで変な感じになってしまった場合はミックスに戻ってもともとの音量を見直すようにしましょう。 

まあこれが結構面倒くさいんですけどね。はい。

以上がリミッター、マキシマイザーについてでした。是非役立ててみてください。

ありがとうございました!