王道進行

王道進行(基本形)

FM7G7Em7Am

(7-Ⅴ7-Ⅲm7-Ⅵm)

・特に日本人が大好きなコード進行

・Em7(Ⅲm7)にアクセントが置かれる

・インパクトが強くサビでよく使われる。

王道進行を使っている楽曲の例

・ロビンソン / スピッツ

・完全感覚Dreamer / ONE OK ROCK

王道進行(派生形)

FG/FEmAm

→分数コードを使ってベースラインをクリシェさせる

FF―EmAm

→Gがない

FGAmEm

右AmとEmの位置が違い、アクセントの位置が変わる。