【DTM】ベースの基本 ベースのフレーズの作り方を紹介

「これからDTMを始めてみたい」

という人の中には楽器の知識にあまり詳しくないという方も多いと思います。

例えばバンドをやってても普段ギターだからベースとか言われてもよくわかんないみたいな、

そんな人たちに向けてベースの基礎というこおで、とりあえず曲を作る際に知っておくべきことを紹介していきたいと思います。

どんな初心者の方も理解できるように基礎の基礎から書いていきますので、何らかの楽器経験のある方には少し退屈な内容かもしれませんが諦めてください。

よろしくお願いします!

基本中の基本 ルート弾き

photo by FREEIMAGES

まずベースの基本中の基本ということでルート弾きがあります。

ルート弾きとはその名の通り、その時ギターやピアノで鳴っているコードのルート音を弾くというものです。

ルート音って何?みたいな人はこちらの記事を参考にしてください。

guitar-electric.hatenablog.jp

これがベースの中で最も単純でかつ最も大切な弾き方かもしれません。

簡単だからと馬鹿にしてしまいがちですが、ルート弾きだけでわりとそれっぽくなりますし、状況においてはルート弾きがいいという時もあります。

あとはただルートを弾くのでも全音符を鳴らすのか八分音符を弾き続けるのかで全く印象は異なります。

ベースはリズム楽器ですからね、どの音を使うかも大切ですがどのようなリズムで弾くかもとても大切です。

初心者の方はとりあえずルート弾きでリズムをいろいろ変えてみるといいかもしれません。

 少しアレンジしてみる

photo by FREEIMAGES

ルート音でもそれなりに聞こえると言ったもののなんだかんだそのままだとあまり面白みがありません。ですのでルート弾きはルート弾きでも少し変化させてみるという方法があります。 

例えば王道進行の八分音符をただ弾き続けるフレーズがあったとします。

ここで音が変わるつなぎ目のところを少しいじってみましょう。具体的にはこんな感じです。

こうするとなんとなくそれっぽくなりましたよね?この時気をつけるのはなるべくその曲のキーにあったスケール内の音を使うようにするということです。

何言ってんだコイツって人はドレミファソラシドの中から弾くようにしましょうとだけ覚えておいて下さい。

もう少し詳しく知りたい方は是非こちらの記事もお願いします。

guitar-electric.hatenablog.jp

ちなみに先ほど音のつなぎ目をいじりましたが音符の長さは全て8分音符でした。

ですがその後リズムを少しずらすともっともっとよくなります。というかリフとか異常にかっこいいフレーズ以外はだいたいこんな感じで作れます。

難しいことをしない

photo by FREEIMAGES

どうでしょうか。結構簡単ですし楽器経験ない人でも何となくいけそうな気がしませんでしたか?

こんな感じで全然大丈夫です。むしろ初心者はベースを打ち込む時に難しいことをしようとしすぎて逆によく分からないことになるという失敗をする人が多いと思います。全然適当で大丈夫です。

音楽とは自由なものです。一番大事なのは雰囲気とか自分がいいと感じるかどうかです。

ここで紹介したものはあくまで1つの作り方であり、一番大事なのは自分の感覚であるということを頭に入れておいてくれれば嬉しいです。

そんな感じでベースの基礎についての記事でした。

ありがとうございました!